個別指導のデメリットメリットを知って塾を選択しよう

目次

指導理念にも注目

学習塾の指導理念は塾によって違います。学んだ事で気づきそこからできていない所を反省、そしてまた学習に活かすといったサイクルを行い子供の学習意欲に繋げていく学習法を行っている学習塾があります。学習塾は子供が通う場所なので親の判断だけで塾を決めるのはあまりよくありません。適切な塾選びは自分がどの位子供の事を把握しているのかにもよりますが、一番は子供の気持ちが大切です。子供が意欲的に学習に取り組める学習塾を選ぶようにしましょう。勉強も運動と同じで、日々の積み重ねがとても大切です。通っている塾が子供と合わない場合は思い切って別の塾に乗り換えるという方法もあります。塾を変えすぎるのはよくありませんが合わない指導を続ける事で勉強が苦手になってしまう事が一番よくありません。子供の事を第一に考えましょう。

指導形式の違いを知ろう

学習塾の指導形式は主に二つあります。一人の講師に対して二十人から三十人ほどのクラスで授業を行う指導形式と子供一人につき講師が一人つく個別指導というものがあります。子供の学習法を伸ばしたいという人はこの指導形式にも気を配る必要があります。集団指導の良さは他の生徒を意識する事によってお互いに励み合い成績を上げていける他にもカリキュラムがしっかりしている所が多く受験までに授業を終えれる所です。他にも授業料が安い所が多いのもメリットです。ですが、集団指導にもデメリットはあります。競争意識が過度に生まれやすい面もあるので競争意識が苦手な人はあまり向きません。他にも講師のペースで授業が展開していくので子供によっては授業ペースについていけない可能性もでていきます。個別指導は一対一での授業展開で授業ペースも生徒に合わせて行われます。また、質問が苦手な子供でも生徒が一人だけなので質問がしやすいです。個別指導のデメリットとしては生徒のペースで授業を行うので授業展開がゆっくりになり過ぎる可能性がある事や費用が集団指導よりも高額になる事があげられます。

広告募集中