働きながらも高校に通いたい【通信制高校ならその夢が叶います】

時間がない学生におすすめの学校

中学校までの義務教育が終わると、そこから先どう自分が進むのかは自分で選ぶ事ができます。高校への進学も自由に選択する事ができます。16歳を迎えると労働が可能な場所が増えてくるので働きながら進学する事も可能です。家庭の事情で自分で自分の学費を稼がなければいけない場合、時には学校に通うのが困難な時もあります。一般的な高校とは異なり通信制の高校だと自分のタイミングで高校で教わる学習方法を学ぶ事ができます。公立や私立高校と通信高校では学習方法がどう変わるのでしょうか?比べてみました。

公立・私立高校と通信高校の学習方法はどう違う?

通信高校の学習方法

通信高校での学習方法はネット環境が必要になります。録画授業を視聴しその内容に沿った事をレポートに纏めて講師に添削してもらいます。録画授業なので繰り返し見る事ができるので分からなかった所をもう一度復習する事が可能です。好きな時に勉強できるので時間に縛られる事はありません。最近はスマートフォンに対応している所もあるのでパソコンが無くても授業を視聴する事ができます。

公立・私立高校の場合

毎朝同じ時間に登校し、みんなで一斉に授業を受けます。授業を聞き逃してしまうと同じ授業をもう一度受ける事ができないのでかなりの集中力が必要になります。また、学校にどれだけ出席しているかも卒業に関係してくるので家庭の事情で出席が難しい人は場合によっては卒業ができない可能性があります。

ネットがない場合の学習方法

合格

通信制高校の中には、学習センターを設けている所があります。学習センターではパソコンやネット環境が完備されているので、パソコンが無い人でも学習する事ができます。また、講師も常駐しているので進路の相談や検定試験についての勉強のサポートも行ってくれます。

20歳からでも高卒認定を諦めない

文系理系

高校を途中で中退してしまった人や、中学卒業後進学せずに就職してしまった人で高校を卒業しておけば良かったと後悔している人もいるでしょう。通信制高等学校では高校卒業資格を取りたいという20歳以上の人でも通う事ができます。学校に通う為には費用が掛かります。入学を希望する人はある程度お金に余裕を持っておくと安心して学習する事ができます。また、学習費用が気になるという人は、学校によって減免制度を行っている所もあるので制度を利用しておくと費用を抑える事ができます。

まずは説明会に参加

いきない学校の事を調べもせず入学申請をしてしまうと入学した時に思っていたものと違った!というような事になってしまいます。なのでまずは説明会に相談をして学校の事をよく知る事から始めましょう。学校の施設案内や学習の仕方、教育理念などを説明してくれます。通信制高校は学習に対しての積極性が大事なので自分が継続して学習できる環境の高校を選ぶ事が大切です。

どのコースを選択するのか

一般高校と同じように通信制高校も進学クラスと専門クラスに分かれて授業を受ける事ができます。進学クラスは主に大学受験に向けの学習を行っていくクラスです。一方専門クラスの場合は、英語の授業を重点的に学習できるクラスや資格取得に特化したクラス、俳優や声優、スポーツ活動に特化した授業を行うクラスがあります。クラスを選択する時は将来自分がどこを目指したいのかを考えて選択する必要があります。

広告募集中